英語のbe動詞の意味を理解しよう!【基礎文法編】

スポンサーリンク

f:id:Naru1829:20160806172707j:plain

be動詞の使い方と意味を理解しよう!

英語を学ぶと(歩く、走る、食べる)などの動きを表す動詞の他に「I am ~」、「He is ~」と『am,is,are』というbe動詞が真っ先に出てくると思います。

このbe動詞はどのような文章に付けるのか?このbe動詞の意味はいったい何か?ってしっかりと理解して使い分ける事ができているでしょうか?

多くの英語の挫折者の方は、このbe動詞を理解できずに無理に学習を進めている方が多いようです・・・

ですので今回はしっかりとこのbe動詞を理解しましょう!

 

『am,is,are』be動詞はなんで必要なの?

前回の記事でも伝えたましたが、『英語の文には動詞が動詞が必要です!』しつこい位書いていますがこれが英語では一番重要なんです・・・

ですので、英語で動詞が入らない文や会話にも動詞を付けてあげなければならないのです!

とは言っても動詞が入らない文って何と思うので例文を見てみましょう。

 

例文

わたしはミキです。

あなたは可愛いです。

あの家は大きいです。

 

この日本語の例文を見てみると動きを表す動詞が無いですよね?

でも、英語の文には動詞を付けなければならないというルールがあるので、そこで使われるのが「be動詞」なのです!

「わたし、ミキ」という文だと日本人には理解できますが英語の文だと「わたし」が何?「ミキ」が何?と理解出来ないのです。

ですので、「わたし=ミキ」という『=イコール』の役割をしてくれるのがbe動詞なのです。

 

f:id:Naru1829:20160806172708j:plain

 

「am,is,are」の使い分け方を理解しよう!

次は、be動詞で文章を作る前に「am,is,are」の使い分け方を知ってみましょう。

be動詞は主語(文の主人公)が何かによって変化をします。

 

私やあなたのbe動詞『am,are』

まずは、自分やあなたを表す場合の『am,are』の使い分け方を見てみましょう!

英語のbe動詞「am,are」の使い分け方

主語が「私、僕」などの自分の事を話すときは主語が「I」になります。

「I」の場合は「am」というbe動詞を使います。

次は、主語が「あなた」といった誰か相手が文の主人公の場合は「You」になります。

「You」の場合は、「are」を使用します。

 

IとYou以外の単数のbe動詞『is』

f:id:Naru1829:20160806172712j:plain

主語が「I」でも「You」でもない「一人の人」を表すときは全て「is」を使用します。

SatoshiやMikiのような人の名前やMy mother(私の母)、My father(私の父)など家族を表す時など「is」を使う主語はたくさんあります。

他にもThis(これ)、That(あれ)など一つの物を表すときにも「is」を使用します。

 

主語がI,You以外の「一人」「一つ」を表すときのbe動詞は全て「is」と覚えておくと良いでしょう!

 

複数の場合のbe動詞『are』

一人や一つの時のbe動詞は「is」でしたが、複数の場合はどう変化するのでしょうか?

 

f:id:Naru1829:20160806172713j:plain

英語は主語(文の主人公)が単数か複数の区別がとても大切です。

例えば、Satoshi and Miki(サトシとミキ)という場合やMy dogs(私の犬たち)といった複数の主語の場合はbe動詞は『are』を使います

 

be動詞は単数は『is』、複数は『are』と覚えておきましょう!

 

このbe動詞に使い分けに関しては正直覚えるしかないです・・・

毎日話す日本語を簡単な英語に直してみて頭の中でbe動詞を反復をしましょう!

変化するパターンは少ないですから段々使い分けが出来るようになりますので分からなくなったら、定期的にこの記事で振り返ってみましょう!

 

be動詞は短縮する事も出来る

「I am ~」、「you are~」といったフレーズはよく使われるフレーズなので、書きやすかったり言いやすいように『I'm / You're』といった形に短くする短縮形もあります。

英会話や英文ではこの短縮した形をよく使用されるので覚えておきましょう!

※「’」この記号は「アポロストロフィー」という省略を表す記号ですので文の中で見つけた時は短縮していると思いましょう。

 

今回のまとめ

  • 動詞がないと英語は伝わらない
  • be動詞は(=イコール)の役割
  • 「I」は『am』、「You」は『are』を使用する
  • I、You以外の単数の主語を表す場合は『is』を使用する
  • 複数の主語の場合は『are』を使用する
  • 書いたり読みやすいように短縮する短縮形もある