英語の『end』と『finish』の意味の違いや使い分け

スポンサーリンク

f:id:Naru1829:20160806172714j:plain

間違いやすい『end』と『finish』を勉強しよう!

 

英会話だけでなく日本語の会話でも使う機会が多いこの「end」「finish」の二つの言葉。

でも意味や使い方が全然違うって知っていましたか?

今回は、どんな意味の違いがあるか、正しい使い方、よく使う例の紹介の3つに分けて書いていきたいと思います。

では、行ってみましょう!

 

「finish」は「やっと終わったー!」

まずは「finish」の意味から説明をしたいと思います。

「finish」はどちらかというと、何か仕事や作業、動作をやっていて完成した時や達成した時に「やっと終わったー!」という時に使います。

ですので、物に使うというよりは、人が何かをやっていて終わった時に使う場合が多いです。

 

例文

You have to finish your homework.

宿題を終わらせなきゃダメです!

 

「end」は「おしまい」

「end」は、何かをやめるとき(たとえ終わっていなくても)、途中でやめるときや、映画などの物の終わりなどに使います。

「finish」と違い「end」は物にも使える点が大きな違いになっています。

 

例文

The movie ended an hour ago.

 

1.二つの違いは「ちゃんと終わったかどうか」

「finish」は何かをやり終えた!という達成感が大きいです。

しかし、「end」は必ずしもちゃんと終わっていない感じがありますよね。

 

①I finished my work.

②I ended my work.

 

最初の①の文は「仕事を終えた!」というやり終えたという意味ですが、②の文は「終わってないけどやめた」という印象があります。

このように「end」と「finish」の違いで同じ文章でも大きな違いがあるので意識して使い分けましょう!

 

2.「ing」が使えるか使えないかの違い

もう一つの違いは「finish」のあとには動詞のingの形を使えますが、「end」の後には使えないという違いがあります。

 

例文

I finished watching the movie.

私は映画を観おわった

 

この例文を「end」で表すときは同じように「I ended watching the mouvie.」という形では変な文章になるので伝わりません。

「end」を使う場合は「I stopped watiching the movie.」という文に変わりますので注意しましょう!

 

まとめ

  • 「finish」は達成した時など完全に終わった場合に使う
  • 「end」は終わってない中途半端な状態でも使える
  • ingの形は「finish」だけ使える