英語の『ill』と『sick』の意味の違いや使い方のポイント!

スポンサーリンク

f:id:Naru1829:20160806172720j:plain

英語の『ill』と『sick』を勉強しよう!

「ill」と「sick」も意味は「体の具合が悪い」や「病的」の意味ですが使い方のポイントやどんな時に使うのかを今回は勉強してみましょう。

HIP HOPなどでもスラングで使われる言葉ですので自然に使えるとネイティブでカッコいいかもしれませんね。

 

「ill」はイギリス英語でよく使われる

まず、「ill」は動詞(am/are/isなどのbe動詞)(get/go/become・・・などの一般動詞)のあとに使われる事が一般的な言葉です。

しかし「ill」の場合は「sick」と違い名詞の前に付けることはあまりありません。

「ill」はアメリカ英語では、フォーマルな表現の際に使われることが多いですが、イギリス英語では普段から使われる事が多いです。

 

例文

She didn't come because she was ill.

彼女は具合が悪かったので来なかった。

 

 

スラング用語の「ill」の意味

本来「ill」の意味は『病気』という意味がありますが、英語圏の若者の間やHIP HOPなどの楽曲の中で使われるスラングの意味は違っています。

スラングの意味では『かっこいい』 『奇抜な、目立つ、ワイルド』という意味で使用される事がとてもい多いです。

 

例文

You are ill!!

お前カッコいいじゃん!!

 

日本語で言うと「ヤバい」という言葉に近いような感じがしますね!

 

「Sick」は気持ち悪い

アメリカの英語で「Sick」は病気じゃない場合でもよく使います。

例えば「気分が悪い」「吐きそう」「気持ち悪い」といった場合でもよく使われます。

また、「Sick」は「ill」とは違い名詞の前にもつけて表現することができます。

 

例文

She didn't come because of her sick son.

彼女は、息子の具合が悪かったので来なかった

 

スラング用語の「Sick」

アメリカ英語では「sick」を「もううんざりだ!」「もういいかげんにしろ!」という意味で『I am sick of it!』と表現します。

他にも『You're sick!』という表現で「気持ち悪い奴だ!」「おかしな奴だ」という相手をバカにする表現もありますが、スラングではその逆で「カッコいい」という意味で使う場合もあります。

 

例文

That song is sick!

その曲がすげーカッコいい!

 

使う時の雰囲気で意味が全く異なる言葉ですので、喧嘩しそうなピリピリした空気の時に相手に言われた時はバカにされているし、カッコいい物や行動を見た時はカッコいいという表現になりますので、注意をして自然と使えるようになりましょう!