英語の「many」と「much」の意味の違いと正しい使い方

スポンサーリンク

f:id:Naru1829:20160806172722j:plain

『たくさん』の意味を持つ「many」と「mach」の違い

今回は両方とも同じ意味で「たくさん」の意味を持つ「many」「mach」の正しい使い方とニュアンスについて勉強をしていきましょう。

英語と日本語の大きな違いは、単数や複数などの数の違いに関して詳しく説明する事です。

日本語では会話をする際に物の数や人の人数などを曖昧な表現でも伝わる場合も多いですが英語では曖昧では伝わりません。

今回の「many」と「mach」の違いはそんな数のニュアンスを表す代表的な言葉ですのでしっかりと理解をしましょう。

 

「数えられるもの」と「数えられないもの」の違い

 

同じ「たくさん」の意味を持つ2つの言葉の使い分けの違いは数えられる物か数えられない物かの違いによって使い分けます。

例えば、水や飲み物などが代表的ですが日本語で「水いくつ持ってる?」と聞かれると答えるのが難しいですよね。

容器やカップに入っていれば数を数える事が出来ますが、入っていない場合などは「たくさん」という言葉を使いますよね。

では、時間やお金などはどうでしょうか?予定を聞かれたときに日本語で「明日ならたくさん時間あるよ」と言う事はありますが「時間何個持ってるよ」とは言いません。

このように表す物の数え方の違いによって「many」と「mach」の違いを使いわける事になります。

それでは次にそれぞれの例文を見てみましょう。

 

数えられないものを表す「many」

「many」の場合は数が数えられる本や人数や動物の数など「数えられるもの」を表すので「many」を使います

 

例文

I take too many pictures.

私はたくさんの写真を撮った。

写真は数の数えられるので「many」を使います。

 

How many dogs do you have?

犬は何匹飼っているのですか?

疑問文の場合も犬は動物ですので数えられる数を聞いている為「many」になります。

 

数えられないものを表す「much」

時間や水やお金などの「たくさん」という表現をするときは「much」を使います

その見分け方の一つとして数えられない名詞のほとんどは「s」で終わりません

 

例文

I don't have much time.

あまりたくさんの時間が無いです。

時間について説明をしていますので「much」を使います。

 

How much is this shirt?

このシャツはいくらですか?

疑問文の場合もお金を表す場合ですので「much」を使います。