完璧な英語を求めない『グロービッシュ』という選択

スポンサーリンク

f:id:Naru1829:20160806172717j:plain

 伝える事に集中する英会話『GLOBISH』

 

現在日本には、たくさんの英会話の教材や勉強法がありますが、グロービッシュという英語の方法をご存知でしょうか?

2010年の「Netweeks」や「東洋経済」というビジネス雑誌に掲載された「非ネイティブの英会話」です。

どのような英会話かというと、1500語の英語のみを覚えることで最低限の十分なコミニケーションをすることが可能な英会話です。

複雑な文法は使わずに、シンプルな英語で相手に分かりやすく考えを伝える事が出来るので、海外旅行やビジネスシーンでも注目をされています。

 

「完璧な英語」から「通じれば十分」に切り替える

 

この記事を読んでいる方の中には様々な思いがあって英語の勉強をしていると思います。

多くの方に共通する事は『英語で話せるようになりたい』という話すという目標を目指している方が多いはずです。

しかし、英語をネイティブに会話を出来るまでには学習時間もとてもかかります。

以前、多くの生徒が通う有名な英会話教室の先生が『日本人の英語学習は完璧を求めすぎているが多すぎる気がする』と話しておりました。

どこに目標を定めるかによって英語の学習方法は大きく変わってきますので、短時間で学べて最低限通じるための英語を目標にする方にはグロービッシュはオススメしたい英語の勉強法です。

 

グロービッシュの特徴

 

  • 完璧    → 最低限相手に意味を通じる事
  • 勉強時間  → 短時間で身につける
  • 文法    → 必要な部分だけ
  • 単語    → 1500語を覚える

 

自分に必要な範囲を必要なレベルで身につけるという考え方です。

単語や文法をたくさん覚える時間を1500語に集中して短時間で会話を中心に学習するのがグロービッシュの特徴です。

 

海外へ行くなら完璧な英語はいらない

 

学生時代に英語で高得点だった人や英語のテストが出来る人が海外へ旅行へ行ったときに全く英語が話せなかったという話をよく聞きます。

紙の上での勉強だけでは英語は話せない事が多いのです。

あなたは海外をバック一つで渡り歩く『バックパッカー』という人達をご存知でしょうか?

バックパッカーは自分一人で海外を旅するため、当然日本語が分かるガイドもいませんし会話は全て英語で自分の意思を伝えなければなりません。

海外旅行では難しい文法もたくさんの単語も必要はないです。宿泊先を決める事や食べ物の購入など海外旅行での基本的な英語が必要になる為、多くの方はグロービッシュを使っている方が多いです。

そんなバックパッカーであり、とてもネイティブな英語で有名なロックバンドのボーカル『細美武士』さんの英語に対しての言葉がありますのでご紹介いたします。

 

the HIATUSの細美武士さんの英語の話

 

元ELLE GARDENのボーカルで現在the HIATUSというバンドで活躍されている細美武士さんがNHKの高校英語講座という番組に出演した際の話がとても興味深いのです。

 

楽器は1日練習サボると3日分後退する。とにかく毎日練習しないといけない。英語や歌も同様。日々の積み重ねはその進歩が自分では分からない。こんなことやって本当にうまくなるのかってことを何年もやると、あとで振り返ると進歩していることがわかる。ここまで上達したいという目標と現状に差があったとしても、一日一歩ずつ進むしか道はない。その一歩を進められない人は結局目標にたどり着けない。 自分はバックパッカーでもあるので、東南アジアでグロービッシュがよく使われているのを実感する。グロービッシュとは文法や人称を排除したシンプルな英語。 日本もバイリンガルになるのではなくてせめてグロービッシュを使えるようになったらいいと思う。

この細美武士さんはアメリカでテクニカルトランスファーという仕事についていました。

日米共同開発プロジェクトにおけるプログラミング担当。海外で技術を学んで帰ってきて日本のメンバーにそのまま広めるという仕事内容のようです。

曲は英詩の曲が多くとても流暢な英語で日本人!?と耳を疑うほどです。

この話の様に東南アジアでは多くの方が完璧な英語ではないグロービッシュを使われているようです。

 

アウトプット中心の学習方法

グロービッシュの学習方法はアウトプット中心です。

アウトプット中心の学習とは相手との会話やメールなど発信することが中心になります。

上にも記載しましたが、グロービッシュで覚える事は1500語の単語だけを覚える事だけです。

その後は会話を中心の学習になるので相手がいなければいけませんが、現在インターネットのチャット式英会話を使用すれば値段もかなり安くすみますし、時間も自由な時間で学習が可能です。

英会話教室ですと、毎月高額な月謝がかかりますし決まった時間に通わなければならないので時間や金額的な部分でも負担が多く英語を挫折する方も多いですので手軽で金額も安いインターネットの英会話教室をお勧めいたします。

 

まとめ

 

  • 短時間で学習可能
  • 1500語の単語だけを覚える
  • 難しい文法では無く必要な要点のみを覚える
  • アウトプット中心の学習
  • 海外旅行へ行く人、ビジネスシーンなどでオススメ

 

今回の記事では簡単ではありますがグロービッシュの要点などを書きましたが、詳しい勉強法などは次回の記事で書いて行こうと思います。