ハリネズミのお風呂の入れ方と正しいシャンプーのやり方

スポンサーリンク

ハリネズミの体を洗ってみよう

基本的にはハリネズミは綺麗好きな生き物なので、自分で体を舐めたりして綺麗にしています。

お風呂に入れる必要はありませんが、たまに足やお腹などが汚れている場合がありますので、その際はお風呂に入れて体を洗ってあげましょう。

今回の記事では、正しい体の洗い方について書いていきたいと思います。

 

f:id:Naru1829:20160526205639j:plain

 必要な道具は?

  • ハリネズミがすっぽり入るくらいの洗面器
  • 清潔なタオル
  • 柔らかいブラシ
  • 動物用シャンプー(フェレット用など)

まず洗面台はあまり底が深くなくてハリネズミが足がついて歩ける程度のサイズがベストです。

次にブラシに関しては、人が使う歯ブラシの毛が一番柔らかい物がハリネズミの皮膚にも負担をかけないので良いでしょう。

シャンプーに関しては汚れがひどい場合などに使用するため絶対必要ではありません。

もし使用する際はフェレット用などのダニやノミに効果のあるタイプのシャンプーが良いでしょう。

洗い方の説明

 

  1. 洗面器にお湯(37~38°)位のお湯をハリネズミのお腹がつかるくらいに入れます。
  2. 最初はハリネズミもビックリしてしまうのでゆっくりお湯をかけて慣らしてください。
  3. 次は、お腹を持ちながら手でお湯をすくい、顔にはかからないように注意しながら背中を撫でるように何回も濡らしていきます。
  4. 汚れが多い箇所はハリネズミにシャンプーを付けるのではなく、ブラシに少しシャンプーを付けながら洗っていきます。
  5. シャンプーを使用する際はシャンプー液が残らないようにしっかり洗い流してください。

 

洗い終わった後のケア

 洗い終わったらすぐに濡れた体を清潔なタオルで優しく拭いて水分を取ってください。

その際、部屋の温度を暖かくして出来るだけハリネズミの体温を下げないようにタオルを体の全体を覆うようにしながら拭いてください。

幼いハリネズミや高齢のハリネズミの場合だとお風呂は非常に体力を使う行為ですので、直後は体調を崩す可能性が非常に高いですので、拭き終わったらケージに戻してその日はそっとしておきましょう。

もし、次の日のご飯を食べない事や活発に動いていないなど、いつもと違う様子が見られた際はすぐに動物病院に連れて行くようにしてくださいね。

 

まとめ

冒頭にも記載いたしましたが、ハリネズミは基本的にはお風呂は必要としない動物です。

人間と違い、お風呂に入る行為や体を濡らす行為は体力を非常に消耗しますので、病気の原因にもなります。

あまり匂いや汚れがひどくない場合や極力お風呂に入れる行為は控えましょう。