こち亀が200巻でついに最終回へ・・・40年の連載が終了!!

スポンサーリンク

こち亀が40年の歴史に終止符を!

200巻の漫画って本当に凄い・・・

 

f:id:Naru1829:20160905034445j:plain

 

 

こち亀の長い歴史について

1976年から週刊少年ジャンプで作者の秋元治さんによって連載されている看板マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」は若い人から年配の人まで多くの人に愛されている作品です。

 

打ち切りや新作などで移り変わりの早い少年誌の中で40年も連載し続けている作品が多くの読者から愛されている証ではないでしょうか?

 

「こち亀」は東京の下町を舞台に毎回、両津勘吉が巻き起こす騒動を描いた作品ですが、人情味があり時事ネタも多く含んでいるので、笑いの中にも深く時代を考えさせられる内容です。

 

映画化やSMAPの香取慎吾さんによる実写化などもされて、累計発行部数は約1億5000万部を誇ります。

 

連載はいつが最終回なの?

連載の最終回は17日発売の同誌42号で最終回を迎えます。

 

単行本は同日発売のコミックス200巻が最終巻となるようです。

 

200巻は40周年特別仕様の特装版も発売されますのでこちらもチェックしてみてくださいね!

 

以前ニセ最終回でクレーム殺到!

今回の最終回で芸人の麒麟川島さんがこんなツイートをしていました。

 

 

 

以前のニセの最終回では

 

「長い間ご愛読ありがとうございました。両津勘吉巡査は派出所を去り、旅立ちました。13年間の長期にわたり読み続けてくださった読者の方々にお礼を申し上げます。また会う日までさようなら」との言葉とともに、両さんが片手を挙げて笑顔で去って行く。ただ、次の“新たなる旅立ちの巻”では「両津勘吉 長い旅からよりパワーアップして帰ってきました」と元気な両さんが登場する。

 

という内容でしたが、当時の集英社には読者からクレームの手紙が殺到したそうです!

 

今回ばかりは秋本治さんが会見で「このおめでたい日に自分の口で発表したかった」というだけにギャグではなさそうですので、次のページで両さんが登場しないと思うとなんだか寂しい気持ちになります。

 

まとめ

私自身、自宅のトイレにこち亀の1~100巻を置いてあってトイレの最中に適当選んで読み始めても気軽に読めるので毎日愛読しています。

 

最近の漫画とは違って、決して読んでも嫌な気持ちにもならないし、良い意味で頭に残らない作品です。

 

ですので、日常の一部として気づいたら手に取ってしまうような作品なんだなと思います。

 

今はジャンプを毎週見てないですが、たまに友達の家で読んだときに唯一読める漫画のこち亀が無くなってしまうのか・・・やっぱりなんか寂しいな・・・