GEXの水槽用LED照明『クリアLEDパワーⅢ』のレビュー・評価!

スポンサーリンク

GEXのスリムタイプの60cm水槽にピッタリの照明ってなかなか見つからないですよね!

通常の60cm用の水槽照明だとフィルター部分や水槽から照明がはみ出してしまったりなど問題がありますが、同じGEX社のスリム用のLED照明だと見た目も機能性もピッタリなので今回はおススメしたいと思います。

 

f:id:Naru1829:20161213235224j:plain

 

クリアLEDパワーⅢのレビュー・評価!

 

今回60㎝の水槽用に購入した照明はこちらです。

 

f:id:Naru1829:20161207184023j:plain

 

LEDで照明の光量も強く寿命も長持ちしますし、なにより決めては安いという点が一番です!

操作性をシンプルで光の種類は3種類です。

 

  • 赤色
  • 青色
  • 白色

 

それぞれのカラーを混ぜる事も可能ですので、水草の必要に応じた光量の調節もこれ1台で十分です。

 

 

 

それでは気になる水槽のライトの色を見てみましょう!

 

照明の点灯のカラーはこんな感じ!

 

青色の照明の場合

まずは青色のカラーはこのような色になっています。

 


f:id:Naru1829:20161213235536j:image

 

自分はまだ水草を入れていないので、夜は青色の照明にタイマーで設定しています。

玄関にフィギュアやポスターなどを飾っているのですが、照明の雰囲気とも合っていてとても気に入っています。

 

 

赤色の照明の場合

凄い赤の色が強いですが、水草の成長に応じた光の中で赤色はとても重要な役割を持っています。


f:id:Naru1829:20161213235555j:image

 

単体で照明として使用するとずいぶん怪しげな雰囲気です・・・

 

赤と青色のミックスの場合

赤色と青色のカラーをミックスして使用すると、紫色のような感じの色合いになります。

 


f:id:Naru1829:20161213235619j:image

 

アクアリウムの専門店などでもよく見る照明のカラーですね!

水槽内が幻想的な雰囲気になるのでとてもカッコいいカラーです。

 

白色照明の場合

白色の照明は一番内蔵LEDの数も多くてとても明るくなっています。

 


f:id:Naru1829:20161213235632j:image

 

水草を育てる上ではこの白色のライトはいわゆる太陽の役割をするので、暗すぎたり明るすぎたりするといけませんが、水草に適したバランスの良い光量になっています。

水槽内も隅々まで明るく照らせるので熱帯魚の飼育をしている方は魚の様子を細かく観察できます。

 

設置方法とスイッチはこんな感じ!

設置の方法は付属しているプラスチックのパーツを本体に設置して水槽の横に置くタイプです。


f:id:Naru1829:20161213235651j:image

 

幅の調整は可能なので、60㎝以内の水槽の方にも使用は出来ます。

ゆくゆくは60cm位の水槽にしたい!という方にもおススメですね!

スイッチは3つの切り替えのON/OFFスイッチが横に付いています。


f:id:Naru1829:20161213235706j:image

 

この3つ照明色のスイッチはそれぞれ独立していますので、ミックスして照らす事も可能です。

 

まとめ

 

水槽のみだと寂しいですが、照明にすると一気に見た目も雰囲気が出ますね!

インテリアとしても照明のカラーで部屋の雰囲気がカッコよくなります。

自分の場合は照明の点灯時間をタイマー式のコンセントで調節をしているのですが、このコンセントは一番おススメです!

ボタン一つで照明の時間も簡単に設定できますのでいちいち消したり付けたりを手動で行う面倒を解決できますので照明と同時に購入することが一番です!

今後照明の自動設定の記事を書くので興味のある方は参考にしてみてくださいね!